CSS

ボウリングを通して、 子どもたちが健全・平等に成長していく社会づくりを目指す & 視覚障害者の、スポーツボウリングへの参加を支援する社会貢献活動

2019/01/23

「全卸連にボウリング場協会から感謝状!」

ボウリングを通しての社会貢献活動CSSを展開するために開催されている「全卸連チャリティーボウリングCSSカップ」がボウリング業界内で大きな反響を呼び、1月22日に東京ドームホテルで開催された「日本ボウリング場協会及び日本ボウリング場事業協同組合」主催の賀詞交歓会のステージで、日本ボウリング場協会中里会長から全卸連森友会長に感謝状が贈られました。

受賞あいさつで森友会長はCSSカップに絶大な協力をいただいている日本ボウリング場協会と日本プロボウリング協会に対するお礼の言葉に続いて「全卸連はCSSという社会貢献を通じてこれからもボウリング復興に協力を惜しまない。ボウリング業界の皆様もぜひCSS活動へのご理解とさらなるご協力を深くお願いします」と述べました。

表彰式では、日本ボウリング場協会をはじめボウリング業界全体が、全卸連がボウリングを通して社会貢献に力を入れていること、さらに全卸連がこれまでボウリングにほとんど関わっていなかった企業の集まりであり、そのような団体が新たにボウリングを楽しむ企画を作ってくれたこと対して感謝の意を表明しました。

今回の日本ボウリング場協会の賀詞交歓会では、全国規模のボウリング大会「KUWATA CUP」を主宰して「レッツゴーボウリング」という新曲を出しボウリング界に大きな夢を届けた桑田佳祐さんにマスメディア大賞が送られました。桑田佳祐さん受賞の同じステージで全卸連が表彰されたことには大きな意義があると言えるでしょう。

 

CSSゼネラルプロデューサー 扇一平

2019/01/01

明けましておめでとうございます!

明けましておめでとうございます。

皆様、本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

2018年は10月よりCSS活動のサポーター企業募集のお声がけを行なってまいりました。

できるだけ社長様お一人お一人に直接お会いし、ご参加していただけるよう詳しく説明をさせていただき、これは本年も続けてまいります。

サポーター企業になっていただきました各企業の皆様には心より御礼申し上げます。

 

また視覚障害者ボウリングの支援は、全卸連チャリティーボウリングCSSカップを中心に今年で3年目となります。

それと並んで、経済面も含めてなかなかお子様との楽しいひと時を過ごすことができないシングルマザーのご家庭を中心に、ボウリングを無料ご招待する活動を本格化してまいります。

そのためには一社でも多くのサポーター企業のご参加をいただきたく思っております。

当ホームページのサポートご希望の企業様へのページをご覧の上ご連絡いただければとても嬉しく思います。

どうぞ心よりお願い申し上げます。

CSSゼネラルプロデューサー 扇一平

 

Copyright © 2019 CSS(Child's Smile Support) All Rights Reserved.