CSS

ボウリングを通して、 子どもたちが健全・平等に成長していく社会づくりを目指す & 視覚障害者の、スポーツボウリングへの参加を支援する社会貢献活動

今年で3年目を迎える全卸連会員企業による「チャリティーボウリングCSSカップ」地区予選が、9月6日(金)に、高田馬場にあるシチズンボウルの首都圏Aでスタートしました。

まずは首都圏Aの結果です。

首都圏A順位表

これから11月一杯まで北海道、東北、中部、首都圏B 、九州、近畿と7地区の予選を行い、地区予選上位企業チームによって来年3月に東京で全国大会が開催されます。

大会プロデューサーの私扇一平と全卸連の森友会長は今回も秋のロードが始まりましたが、それと平行して11月開催のプロトーナメントSSS カップの準備をすることになります。

さて、今日のCSSカップ首都圏Aは32チームが全国大会に向けしのぎを削りましたが、優勝は首都圏三連覇の花王GCM -Bの川合・池田ペア、2位も同じく花王GCM-A の冨樫・油谷(女性ペア)が入り、上位10チームが全国大会への出場権を獲得しました。

今回も日本プロボウリング協会のご協力をいただき、小林あゆみプロ、関根千帆プロが参加してくださり、出場者たちはその素晴らしい投球に目を見張っていました。

 

この3年目になるチャリティーボウリングも、歓声と笑顔に溢れた大会となり、とても良いスタートを切ることができました。

さあ、明日はプロトーナメントSSS カップへの出場権をかけたアマチュアシニアの予選会が平和島スターボウルを皮切りに、品川プリンスホテルボウリングセンター、東京ポートボウル、世田谷オークラボウル、笹塚ボウル、蒲田イモンボウルと9月末まで続きます。

全卸連加盟各社の皆様も、プロの素晴らしさとトップシニアアマの試合をぜひご覧ください。11月20日、21日東京ポートボウルです。

 

Copyright © 2019 CSS(Child's Smile Support) All Rights Reserved.