CSS

ボウリングを通して、 子どもたちが健全・平等に成長していく社会づくりを目指す & 視覚障害者の、スポーツボウリングへの参加を支援する社会貢献活動

2019/12/19

2019年 第18回全日本視覚障害者ボウリング選手権大会総集編ビデオ

この社会貢献活動CSSで支援している視覚障害者ボウリング。全国で展開している加盟企業対抗の全卸連CSSカップでも応援し、11月に開催した新規プロトーナメント、全卸連プレゼンツ「JPBA☆SSSカップ2019」でも支援を始めた「全日本視覚障害者ボウリング選手権大会」の総集編ビデオが完成し公開されました。私も支援と共に実況、ナレーションで参加いたしました。ぜひご覧いただいて、視覚障害者ボウリングにご理解、応援をお願いいたします。第18回全日本視覚障害者ボウリング選手権大会総集編ビデオ

 

 

扇一平

 

 

2019/12/13

全卸連プレゼンツ「JPBA☆SSSカップ2019」開催・テレビ放送

ボウリングを通しての社会貢献CSSと歩調を合わすプロボウリングトーナメント最新の公式戦、全卸連プレゼンツ「JPBA ☆SSSカップ2019」を企画運営し、11月21日東京ポートボウルでの二日間の日程を終え無事に終了しました。寺下智香プロが終始トップ、決勝でも大根谷愛プロを圧倒して初代クイーンに!

男子は斉藤三兄弟の長男祐哉プロが、準決勝まで250近いアベレージで常にトップだった次男の琢哉プロを破り、プロボウリングトーナメント初のレーン上の兄弟対決を制し優勝を飾りました。

大会の公式テーマソング「逆襲プレリュード」を歌うアイナカンナのライブにもプロボウラー、観客の皆さんが声援を送ってくださりとても嬉しかったです。

そしてホストプロの矢島純一さん、シニアの鏡になる素晴らしいプレーでした‼️また、ホストアマのブラザーコーン、本当にありがとうございました!


お二人とも私の実況するスカイAの放送席に来てくれて番組を盛り上げて下さいました。

(矢島プロはこの写真の時は試合中でした。この時の解説は半井清プロです)

スカイAの放送は「パーフェクトボウリングスペシャル」と題して12月13日20時~22時・再放送は12月29日19時~21時です。

このトーナメントは全卸連会員のユニ・チャーム様、白十字様、サンスター様、コーセーコスメポート様を始め54社という多くの企業のご協賛を得て開催することができました。

参加したプロやシニアアマ、そしてお客様から「こんなトーナメントは初めて!」という言葉を沢山いただき、皆さんが大会の企画意図を本当に感じてくれたのだと心から嬉しく思いました。SSSカップとは「シニアスポーツサポート」…シニアの元気を応援するというスローガンのもと、各ボウリング場の予選会を勝ち抜いた60歳以上のシニア選手も出場。プロの準々決勝の時にそのシニア選手と組んだダブルス戦をトーナメントとして初めて組み入れました。

 

さらにご協賛社のプレゼントブースもプロトーナメントとして初めて展開。

参加したプロもシニアも、お客様も両手に抱えきれないほどの商品をゲットしてとてもニコニコしていました。このいわゆるギャラリープラザも、プロトーナメントとしては初めて行いスポンサー企業とプロボウラ―、シニア選手、お客様とが触れ合うことを目的とし、ご協賛企業の皆様にもトーナメントに参加しているという気持ちをより感じていただきたかったのです。

 

関係の皆様にはお礼を言っても言い尽くせません。
大会成立に一緒になって頑張ってくれた全卸連森友会長

ご協賛いただいたユニ・チャーム高原社長

スペシャルアドバイザーをお願いしたゴルフトーナメントプロデューサー戸張捷さんを挟んでユニ・チャーム森副社長、白十字天田社長。

そしてスタッフ全員にスペシャルウインドブレーカーを協賛いただいたキャプテンサンタのジョイマークデザイン下山社長、キャプテンサンタとコラボした素晴らしいボウリングバッグをご提供いただいたアメリカンボウリングサービス様、コーセーコスメポート小林社長をはじめ50社以上のご協賛社の皆様、予選会6会場の皆様、本会場の東京ポートボウル様、日本プロボウリング協会の皆様、解説の谷口会長、半井清プロ、スカイAの皆様、企画意図を上手く表現してくれたレポーターの中願寺香織さん、日本ボウリング機構の皆様、その他関わってくださったすべての皆様、心より感謝いたします。

なおボウリングジャーナル12月号にとても嬉しい記事が掲載されました。

 

2019/09/29

2019全日本視覚障害者ボウリング選手権

9月28日(土)29日(日)に、東京ポートボウルで2日間に渡って、CSSで支援している「第18回全日本視覚障害者ボウリング選手権大会」が開催され、個人戦、ダブルス戦、個人総合で争われました。。

挨拶する一般社団法人全日本視覚障害者ボウリング協会、青松利明会長です。

競技は、全盲選手のクラスB 1からB 3まで3つに分かれ、B 1個人総合は、世界チャンピオンの実績のある髙木綾子選手が第1日のシングルスで優勝した森寛樹選手を大逆転し金メダル、去年の雪辱を果たしました。ガイドレールを使用し見事な投球をする高木選手。


高木選手のライバル去年のチャンピオン森寛樹選手

さらに髙木選手は、B 3クラスの清杉政敏選手と組んだダブルスでも優勝し二冠に。
またご主人の高木忍選手も戸川和夫選手と組んだB 2ダブルスで金メダル。夫婦揃っての金メダルに髙木綾子選手はインタビューでとっても嬉しそうでした。
その他個人総合は、B 2が森透選手、B 3クラスは尾崎登志夫選手が金メダルを獲得しました。

B1個人総合の表彰

B2個人総合の表彰

B3個人総合の表彰

B1を含むダブルス戦の表彰

B2のダブルス戦表彰

全国各都道府県から、そして韓国からも6名の選手が参加、体一杯を使い、必死に良い音を求め続けようとする全選手の姿に今年も深い感動を覚えました。
この大会の模様はダイジェスト番組を制作し、ネットでも公開する予定です。


私どものボウリングを通しての社会貢献CSS活動でも、また11月に開催するプロボウリングトーナメント全卸連主催のSSS カップでもこの視覚障害者ボウリングを引き続き応援していきます。
ひとりでも多くの方に彼らの姿を知っていただきたいと思います。

2019/08/28

全卸連チャリティーボウリング「第3回CSSカップ」が開催されます!

全卸連(全国化粧品日用品卸連合会)の会員企業の皆様が参加する第3回CSSカップが始まります。

9月6日(金)の首都圏Aを皮切りに全国7か所で地区予選を行い、2020年3月7日(土)に東京シチズンボウルでの全国大会まで熱戦を繰り広げます。

全卸連の会員企業の皆様、ふるってご参加ください!!

第3回全卸連CSSカップ開催スケジュール

2019/03/10

全卸連チャリティーボウリング「第2回CSSカップ」全国大会開催!!

全卸連組合会員・賛助会員すべての親睦を図り、業界の結束はもとより、取扱製品販売の底上げ、さらにはシングルマザー家庭にボウリングの楽しみをプレゼントし、視覚障害者ボウリングも支援する社会貢献活動CSS(チャイルズスマイルサポート)の柱となるCSSカップ全国大会が3月9日、東京高田馬場にあるシチズンボウルで開催されました。

まずは大会結果(チーム戦)(個人ベスト10)です。
CSSカップ全国大会チーム順位表

CSSカップ全国大会個人戦入賞者

開会式では森友徳兵衛会長の挨拶、扇一平大会プロデューサーからゲスト紹介、ルール説明があり試合が始まりました。

このCSSカップ、予選は2018年秋から冬にかけ北海道、東北、首都圏A・B、中部、近畿、九州の7か所で行われ、全国大会には各地区上位の合計45チーム90名の選手が出場ししのぎを削りました。…とはいうものの笑顔、ハイタッチの嵐!!とても楽しい大会です。



この全国大会も日本ボウリング場協会、日本プロボウリング協会のご協力を得て、小林あゆみ選手、関根千帆選手の2人の女子プロボウラーが、またゲストにはCSS活動のスペシャルサポーターブラザーコーンさん、そして同じくスペシャルサポーターでボウリング漫画「きゅぽかの」で人気の漫画家渡辺大樹さんも参加し大会を大きく盛り上げてくれました。

さらにこの大会が支援する全日本視覚障害者ボウリング協会青松利明会長と全日本2年連続チャンピォンでアジア大会のメダリスト森寛樹選手が参加。お二人とも全盲のボウラーのためのガイドレールを設置、出場者にも視覚障害者ボウリングの姿を充分理解してもらえる大会にすることができました。

青松会長も全盲のトップボウラーですが、チャンピオンの森寛樹選手は159・180・176と素晴らしいスコアをあげ、参加者全員が驚くと共に大きな感動を与えてくれました。

試合は3ゲームで争われ、ダブルスのチーム戦と個人戦。
結果は中部地区代表の内金チームが大会2連覇を成し遂げ、また個人戦も内金の山下功次郎選手が3ゲーム627ピンで優勝、さらに237ピンのハイゲーム賞も獲得、今大会の三冠王となりました。

また準優勝は花王GCM-A、第3位にはライオンBチームが入りました。

さらに女性個人第1位は花王GCM-Bの油谷美保選手が獲得、男性個人優勝の山下選手と共に会場のシチズン様ご提供の高級腕時計が贈られました。

そしてこの大会での重要なセレモニーです。全卸連森友会長から全日本視覚障害者ボウリング協会青松会長に、
活動支援金として20万円が贈られました。これは参加企業の皆さんの出場料から捻出したものです。ご協力ありがとうございました。

表彰パーティーはさらに続きます。

さあ、エンディングはお待ちかねブラザーコーンのライブです!!
今国内で 一番盛り上がる曲ではないでしょうか。WON’T BE LONG!!
全員大合唱!踊りまくり!関根、小林両プロもダンサーとなって会場は最高潮に達しました。

全卸連チャリティーボウリング「第2回CSSカップ」全国大会も大盛況のうちに幕を閉じました。
スペシャルゲストのブラザーコーンさん、渡辺大樹さん、関根千帆プロ、小林あゆみプロ、そして全日本視覚障害者ボウリング協会の皆様ありがとうございました。
さらに運営のお手伝いをして下さり、視覚障害者の皆さんをアテンドし賞品も提供してくださった株式会社リヴァイト様、株式会社ランデックス様に感謝するともに、
今回お仕事で参加していただくことができなかった創業50周年を迎えた株式会社ジョイマークデザイン、キャプテンサンタの下山キャプテン、本当に多くの賞品のご提供ありがとうございました!!
最後に会場のシチズンボウル小澤支配人をはじめいつも笑顔で手際よく動いてくださるスタッフの皆様、心から感謝いたします。腕時計の賞品ご提供も本当にありがとうございました!!

CSSカップは第3回に向け動き出します。いまボウリングは再ブレークをし始めています。
全卸連が表彰を受けるほどこのCSSカップはボウリング業界から注目されているのです。
ボウリングは生涯スポーツです。全卸連の扱う商品に完全にリンクするスポーツです。
ぜひこれからもボウリングを楽しんでください!!

2019/01/23

「全卸連にボウリング場協会から感謝状!」

ボウリングを通しての社会貢献活動CSSを展開するために開催されている「全卸連チャリティーボウリングCSSカップ」がボウリング業界内で大きな反響を呼び、1月22日に東京ドームホテルで開催された「日本ボウリング場協会及び日本ボウリング場事業協同組合」主催の賀詞交歓会のステージで、日本ボウリング場協会中里会長から全卸連森友会長に感謝状が贈られました。

受賞あいさつで森友会長はCSSカップに絶大な協力をいただいている日本ボウリング場協会と日本プロボウリング協会に対するお礼の言葉に続いて「全卸連はCSSという社会貢献を通じてこれからもボウリング復興に協力を惜しまない。ボウリング業界の皆様もぜひCSS活動へのご理解とさらなるご協力を深くお願いします」と述べました。

表彰式では、日本ボウリング場協会をはじめボウリング業界全体が、全卸連がボウリングを通して社会貢献に力を入れていること、さらに全卸連がこれまでボウリングにほとんど関わっていなかった企業の集まりであり、そのような団体が新たにボウリングを楽しむ企画を作ってくれたこと対して感謝の意を表明しました。

今回の日本ボウリング場協会の賀詞交歓会では、全国規模のボウリング大会「KUWATA CUP」を主宰して「レッツゴーボウリング」という新曲を出しボウリング界に大きな夢を届けた桑田佳祐さんにマスメディア大賞が送られました。桑田佳祐さん受賞の同じステージで全卸連が表彰されたことには大きな意義があると言えるでしょう。

 

CSSゼネラルプロデューサー 扇一平

2019/01/01

明けましておめでとうございます!

明けましておめでとうございます。

皆様、本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

2018年は10月よりCSS活動のサポーター企業募集のお声がけを行なってまいりました。

できるだけ社長様お一人お一人に直接お会いし、ご参加していただけるよう詳しく説明をさせていただき、これは本年も続けてまいります。

サポーター企業になっていただきました各企業の皆様には心より御礼申し上げます。

 

また視覚障害者ボウリングの支援は、全卸連チャリティーボウリングCSSカップを中心に今年で3年目となります。

それと並んで、経済面も含めてなかなかお子様との楽しいひと時を過ごすことができないシングルマザーのご家庭を中心に、ボウリングを無料ご招待する活動を本格化してまいります。

そのためには一社でも多くのサポーター企業のご参加をいただきたく思っております。

当ホームページのサポートご希望の企業様へのページをご覧の上ご連絡いただければとても嬉しく思います。

どうぞ心よりお願い申し上げます。

CSSゼネラルプロデューサー 扇一平

 

2018/11/12

ブラザーコーン ボウルクラシックスinドリスタ

11月11日(日)CSS活動を一緒に展開してくれているブラザーコーンボウルクラシックスinドリスタが、群馬県太田市にできた日本で一番新しい、最先端のボウリング場、ドリームスタジアム太田で開催されました。

 

レジェンド酒井武雄プロ、酒井美佳プロ、吉田樹弐亜プロ、そしてドリスタ佐藤則明社長のご子息で新人プロボウラー佐藤貴啓プロの参加で盛大に行われ、司会進行を担当しました。

この大会もハンディキャップ制で誰でも優勝できるチャンス。半分以上がハウスボウラー!新しくボウリングを楽しんでくれる方々です。

そして全員に賞品が行き渡る表彰式。私からもCSSのサポーター企業にもなってくださっている、エコートレーディング様、ペッツバリュー様のご提供でニャンコのためのリターロッカーⅡ、ワンコのためのパッドロッカー、そしてジアエストを20個以上プレゼントさせていただきました。

セレモニーではゲストの八反安未果さんの紹介のあと、元ペドロ&カプリシャスのボーカル松平直子さんの素敵な歌、そしてブラザーコーンのライブと全参加者大喜びの大会となりました。ピンが様々な色に輝くLED照明や常設の観客席など素晴らしいボウリング場でした。


2018/10/10

CSSスペシャルサポーター・ブラザーコーンさんのボウリング大会

これまで東京を中心に年に2回~3回、ブラザーコーンさんは自らのボウリング大会を開催してきましたが、10月7日、福岡の博多スターレーンで初めて開催されたブラザーコーンボウリング大会「KORN’S BOWL CLASSICS」の司会進行と、ブラザーコーンさんがスペシャルサポーターを務めてくれているCSS活動のプレゼンテーションを福岡の皆さんに行ってきました。
「KORN’S BOWL CLASSICS」のディレクションと司会進行は私扇一平ののライフワークでもあります。これまでずっとコーンさんとボウリング界に貢献していきたいねと話し続けてきたのです。

この大会で嬉しかったのは、地元の皆さんが初めての経験なのにすべて開催の準備を行ってくれたこと、そしてCSS活動で応援する視覚障害者ボウリング協会の多くの選手たちが初めて参加してくれたことでした。
博多スターレーンの皆さんもとても気持ちの良い協力をしてくれ何もかもが最高の大会でした。
大会を仕切ってくれた石の芸術家・米倉一成さん、コンさんの可愛い後輩・ミュージシャンの藤田大吾さん、メジャーデビューしたばかりのイケメンデュオMintZ(ミンツ)の表彰パーティーでのライヴ、最高に盛り上がりました。そして最後はブラザーコーンのあの名曲の超強力な締めで終了。来年も福岡大会を行おうと決めて笑顔でのお開きとなりました。

CSSゼネラルプロデューサー扇一平

2018/10/01

第17回全日本視覚障害者ボウリング選手権

このCSSでも支援を続けている視覚障害者ボウリング。

9月29日、30日の2日間、東京ポートボウルで開催された第17回全日本視覚障害者ボウリング選手権の実況を私扇一平が行い、今年も大きな感動をいただきました。

この模様はYoutubeでご覧になれます。この中継費用はクラウドファンディングで支援を募り81名の方から833,000円のご協力をいただきました。ありがとうございました。

第17回全日本視覚障害者ボウリング選手権の実況中継  ←(実況中継はこちら)

 

 

 

1 / 212

Copyright © 2020 CSS(Child's Smile Support) All Rights Reserved.